HOIのお気に入りでお薦めの英語絵本
Sbrownbear.jpg
Sexcuseme.jpg
Smoon.jpg
Salice.jpg
Stinytoolittle.jpg
madelinebookS.jpg
Brown Bear, Brown Bear,
What do you see?
Excuse me!
Goodnight Moon
Alice's Adventures
in Wonderland
Never Too Little to Love
Madeline

英語絵本【028】10 Little Rubber Ducks

もっと早くご紹介しようと思ってたのですが、なかなか時間が取れず・・・。しかし、この本が届いてから、毎日娘には読み聞かせていますよ。

初めての本というのは何回か繰り返し読んであげて「慣れ」や「親しみ」が出てくると更にググっと引き込まれるようで、今は読んでいてもすぐにページをめくってしまいます。
この本が彼女のお気に入りの本になるかどうか・・・今後が楽しみです。
ただ、この本の「しかけ」は大のお気に入りで、一人でもこの絵本を開いて楽しんでいます。

タイトル:10 Little Rubber Ducks
著書:Eric Carle
イラスト:Eric Carle


rubber.jpg



この絵本はRubber ducks =「ゴム製のあひる」ちゃんのお話です。黄色で赤の嘴、お風呂やプールにプカプカ浮かべる、あのあひるです。

お話の内容は、工場で作られたあひるちゃんが、10個で1箱(10 to a box)に詰められ出荷(off they go)されます。貨物船に乗せられ、外国へ送られる途中に波にさらわれてあひるちゃんたちは海に投げ出されます。それからそれぞれが西へ東へ、北へ南へ、右へ左へ、上へ下へ流され、そのうちの1羽があひるの群れに遭遇。本物のあひると一緒に行動します。

絵は本当に素晴らしいの一言。このまま絵本から切り抜いて、額に入れて飾っておきたいくらいです。海一つとっても青だけでなく、水色、緑、黄緑、白、紺、が使われて本当に深みのある海が表現されています。エリックさん独特の動物達も沢山出てきますよ。

英語は2歳にとってはちょっと高レベルかなぁ・・。英語の苦手なお母さんには厳しいかもしれません。親子で一緒に絵を楽しむだけでも価値があるとは思いますが。

文章の中で特徴的なことは、強調される言葉が繰り返されているということです。
例えば・・・
one after the other = つぎつぎに
faraway countries = 遠い国に
10 rubber ducks overboard! = 10個のゴム製のあひるが海に落ちたぞ!
water and sky = 水と空

場面場面を強調するために、同じ言葉を繰り替えしているのでしょう。とっても効果的だと思います。こういった短いフレーズを少しずつ頭にインプットしておくと役に立ちますよ。

この絵本からは、動物の名前と方角や方向を示す単語が楽しく習得できると思います。
それから、最後の「しかけ」の部分を利用して、英語で1〜10まで数えられるようになりますよ。娘は早速one, two, three 〜 ten!ってやってますから。


rubber.jpg


おまけ・・・

ericcarle.jpg

エリックさんのサインです。
ちょっと型崩れのあひるがよくないですか?

赤ちゃんから見せておきたい英語絵本mainに戻る



posted by HOI (ホイ) at 21:34 | シドニー ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語絵本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。