HOIのお気に入りでお薦めの英語絵本
Sbrownbear.jpg
Sexcuseme.jpg
Smoon.jpg
Salice.jpg
Stinytoolittle.jpg
madelinebookS.jpg
Brown Bear, Brown Bear,
What do you see?
Excuse me!
Goodnight Moon
Alice's Adventures
in Wonderland
Never Too Little to Love
Madeline

英語絵本【033】The Very Hungry Caterpillar

皆さんご存知!全世界で大人気のあの絵本です。

タイトル:The Very Hungry Caterpillar
著者:Eric Carle
イラスト:Eric Carle


catapillar.jpg

「はらぺこあおむし」です。

何といっても絵がいいですよね。カラフル、でもギラギラしていないあの優しい色調。「自然光で見たら果物もこんな風に美味しく見えるんだろうな〜」(ちょっと大袈裟?)と思えるほどに綺麗な絵が描かれています。

私が子供の頃に読み聞かせてもらっていたこの絵本。(娘には私が使っていたこの絵本で読んであげています)本の中に「穴」が開いているのに本当には驚きました。あの頃はそんな「邪道」な本はあまりありませんでした。大切な本に「穴」なんて開けていいの?と思ったのを覚えています。

しかしこの「穴」が非常に効果的で、指を差し入れながら、あおむしになったつもりで「パクパク、むしゃむしゃ」とやっていました。もちろん私の娘も同じように楽しんでいます。

きっとこの絵本を持っている方は大勢いらっしゃるのでこの絵本の素晴らしさをダラダラと書く必要はないですね。

個人的には日本語版よりも英語版が好きです。英語版には日本語版にない「リズム感」があります。それに「実践的な英語」もこの絵本から知ることができます。

Monday, Tuesday, Wednesday, Thursday・・・と曜日だけでなく、食べ物の単位というか数え方がわかるのです。
日本語でも1本、2本、1個、2個、1枚、2枚・・・とあるように、英語にも物によって数え方があります。

one piece of chocolate cake =チョコレートケーキ1個
one slice of Swiss cheese  =スイスチーズ1枚
one piece of cherry pie =チェリーパイ1個

という具合です。

中学の時に a cup of coffee とか a glass of milkという表現を習ったと思います。その数え方にこの絵本を通して子供の頃から触れられるのです。

あんなに沢山のジャンクフードを食べてお腹を壊しても、新鮮な緑の葉っぱを食べれば元気になる!子供たちの食生活にも共通することろがありますよね。

絵、英語の文章、お話の内容。これら全ての素晴らしい要素が赤ちゃんから大人まで惹き付け、全世界で愛される魅力的な絵本になったんでしょうね。


catapillar.jpg


赤ちゃんから見せておきたい英語絵本mainに戻る

posted by HOI (ホイ) at 22:28 | 東京 ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語絵本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。