HOIのお気に入りでお薦めの英語絵本
Sbrownbear.jpg
Sexcuseme.jpg
Smoon.jpg
Salice.jpg
Stinytoolittle.jpg
madelinebookS.jpg
Brown Bear, Brown Bear,
What do you see?
Excuse me!
Goodnight Moon
Alice's Adventures
in Wonderland
Never Too Little to Love
Madeline

英語絵本【038】Madeline

久しぶりの英語絵本の紹介は、HOIの大好きな絵本です。

タイトル:Madeline
著者: Ludwig Bemelmans
イラスト:Ludwig Bemelmans

madelinebookL.jpg

原書はフランス語ですが、Madeline(日本語ではマドレーヌ、英語ではマデラインと発音します。フランス語は・・・わかりません。誰かご存知ですか?)は英語圏でも大人気です。日本でも数年前よりマドレーヌのキャラクターグッズが販売されはじめたので、絵本よりもグッズからマドレーヌを知った方が多いかもしれません。

マドレーヌは、作者のルドウィッヒ・ベーメルマンスがレストランのメニューの裏面にそのイラストを描いたところから生まれたそうです。元気で、怖いもの知らずで、おてんばな女の子。マドレーヌの絵本を読むと、一緒に冒険している気分になれるので、子供の頃は何度も読んでもらったり、自分で読んだのを覚えています。

この絵本は、マドレーヌの絵本の第一冊目です。
寄宿舎に住む12人の女の子。その中でも一番のおちびさんがマドレーヌ。12人そろって、2列に並んでパンを食べ、2列に並んで歯磨きをし、2列に並んで寝ます。お出かけするにも皆一緒。
けど、好奇心旺盛で、怖いもの知らずのマドレーヌだけはねずみだってトラだってへいっちゃら。一人でも立ち向かって行きます。

そんなマドレーヌがある晩大泣きします。そして盲腸の緊急手術。みんなとっても心配してお見舞いに行くと、沢山のプレゼントに囲まれた元気なマドレーヌが。そしてマドレーヌは皆に盲腸の傷を自慢げに見せびらかすのです。(ちなみに娘に買ってあげたマドレーヌの人形のお腹にも盲腸の傷跡がありました。ビックリしましたが、なんだか嬉しくなりました。絵本の世界が本当に訪ねてきたみたいで。)

その夜、寄宿舎では残りの11人が「私も盲腸の手術した〜い」って大泣きします。それほどにマドレーヌの傷跡が鮮明だったんでしょう。

と、ストーリーは単純。それでもこれだけ愛されて、親から子へと読み継がれているマドレーヌの魅力は、「女の子でも強くて、怖いものがなくて、自信に満ちている」ところだと私は思っています。そんな女性(女の子)はどの時代でも、どの世代からでも、「憧れの的」と見られるのでしょう。

英語も簡単ですよ。短い文章が並び、韻が効果的に使われているのでお話が流れます。絵もとっても素敵。どちらかというと「子供っぽい」イラストなのですが、そこが特に子供の心を掴むのかもしれません。

そしてもう一つ面白いのが、エッフェル塔やノートルダム寺院、ルーブル美術館前の公園など実際にフランスに存在する場所が描かれているのです。そこをマドレーヌたちがお散歩したり、鳥に餌をあげたりする姿が描かれているのです。マドレーヌが大好きにだった私は、「この場所に行けばマドレーヌに会えるんだ」って小さい頃本気で思っていました。

娘はマドレーヌの絵本を読むときは必ずマドレーヌのお人形を持ってきて「ここに一緒にね」と言って椅子に一緒に座って読みます。たまに話かけたりしながら。親子共々楽しめる絵本っていいですよね。

●Madeline(英語絵本)
madelinebookL.jpg




●Madeline(英語絵本と朗読テープ付)*英語は簡単ですが、テープが付いているので活用できますね。
madelinetape.jpg




●Madeline(英語絵本とマドレーヌのお人形付)*お話を読みながらお人形と一緒に遊べます。可愛いですよ。
madelinedoll.gif




●Madeline Pop Up(ポップアップ=飛び出す絵本)*ロバート・サブダ氏のポップアップ絵本とまでは行きませんが、立体感がある絵本は子供の興味を惹きます。娘は早速寄宿舎の階段を壊しました。
madelinepop.jpg

赤ちゃんから見せておきたい英語絵本mainに戻る



posted by HOI (ホイ) at 23:25 | 京都 ☁ | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語絵本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/16617658
※半角英数字のみのトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。