HOIのお気に入りでお薦めの英語絵本
Sbrownbear.jpg
Sexcuseme.jpg
Smoon.jpg
Salice.jpg
Stinytoolittle.jpg
madelinebookS.jpg
Brown Bear, Brown Bear,
What do you see?
Excuse me!
Goodnight Moon
Alice's Adventures
in Wonderland
Never Too Little to Love
Madeline

英語絵本【036B】Ten Little Ladybugs

れおママさんのコメントを受けまして、Ten Little Ladybugs の英語絵本の内容について書きますね。

この絵本は日本語でも出版されているんですよ。
邦題は「かわいいてんとうむし」です。

まず、この英語絵本は、子供たちが数を逆に言うのが好き(ロケット発射のカウントダウンみたいに)という事を考えて作られているみたいです。(絵本の裏にそう書いてありました)

それから、
・てんとうむしが立体になっていて触ることができる
・ページをめくるごとに1匹ずつ少なくなっていく
というのが特徴です。
(よく考えられています)

基本的なお話のは、
「○匹のてんとうむしが○○をしていると、○○がやって来て・・・」
というシンプルな内容です。

初めは10匹(Ten)、次に9匹(Nine)、8匹(Eight)・・・という具合にてんとう虫の数が減っていきます。

それぞれの文章を簡単に纏めると、

・10匹の時は、ぶどうの蔓に止まっていると、蝶々が来ました。
・9匹の時は、門の上でスキップしていると、毛虫が来ました。
・8匹の時は、お空を見ていると、鳥が来ました。
・7匹の時は、枝で一休みしていると、バッタが来ました。
・6匹の時は、ミツバチの巣の近くを飛んでいると、クマバチが来ました。
・5匹の時は、海岸で寝ていると、魚が来ました。
・4匹の時は、木に登っていると、亀が来ました。
・3匹の時は、しずくを飲んでいると、アヒルが来ました。
・2匹の時は、お日様に当たっていると、かえるが来ました。

そして1匹になったてんとうむしがひとりぼっちで佇んでいると、そよ風が吹いてきて・・・・皆お家に戻ってきました!!

という内容です。(フゥ〜)

だんだんてんとうむしの数が減っていってしまうので、読んでいる最中に「あれ?かえるに食べられたのかなあ」、「鳥にさらわれたのかなあ」とか考えてしまいます。仲間がだんだん減っていく様にこちらもちょっと不安になりながら読んでしまいます。

けれどもこの絵本のとってもいいところは最後の最後に皆が"Home!"って戻ってくる所です。
「あ〜食べられたわけじゃなかったんだ。」
「あひるさんと一緒に遊んでたんだ。」
なんて思わせてくれます。

私の勝手な解釈ですが、娘もきっと
「あ〜お家っていいな」、「やっぱりみんな一緒がいい」って思いながらお話を聞いていると思います。

娘は最近一人で自分の椅子に座って絵本をパラパラ見る事が増えてきたのですが、(私が仕事をしていると、突然静かになって心配して娘の姿を探すと部屋の隅で椅子に座って絵本をパラパラ・・・ちょっと心温まる光景です。←勝手に一人で感動してます)たまにこの英語絵本を出してきて、立体のてんとうむしさんを数えています。

れおママさんのコメントの通り、絵が素敵です。優しさに溢れているというか。そして最後のページの"Home!"が何よりも心が落ち着いて、満たされたき持ちになりますよね。

れおママさん。頑張って読んでみてください。
また何かご質問がありましたらお気軽にコメント書き込んでくださいね。
お返事が遅くなってすみませんでした。(ペコリ)

赤ちゃんから見せておきたい英語の絵本mainに戻る
posted by HOI (ホイ) at 15:05 | ホノルル ☀ | Comment(0) | TrackBack(0) | 英語絵本
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※半角英数字のみのコメントは投稿できません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。